異性のウケを狙うと同じだね

温かさをとるか、それとも多少寒くても可愛い服装をとるか。自分の個性をとるか、それともその場に合った無難な恰好をするか。このように女性のファッションは常に板挟みと言っていいでしょう。そして、その最たるものが、「女性ウケをとるか、それとも男性ウケをとるか」だと思います。合コンでも、サークルの飲み会にしても、男女が同じ空間に存在すれば、女性は女性の行動、もちろん服装も厳しくチェックします。もしかしたらいずれその女性は自分の敵になるかもしれないですからね。しかし、物事の難しいところはその女性が頼れる友達になることもある、というところでしょう。男性受けだけを狙うファッションというのは女性から反感を買いがちです。逆に女性受けを狙ったファッションでは男性に見向きもされなかったりします。そこで、ちょうど同性にも異性からも好かれるような恰好をしてみたりするのですが、それはそれで八方美人感がぷんぷん出てしまうんですよね。男性はその八方美人感には気づかないかもしれませんが、女性はばっちり気づくでしょう。この場合、この八方美人ファッションが1番敵視されるかもしれません。そこまで人にどう思われるか気にしなくても…と思う方もいるかもしれませんが、そんなふうに、自分は違う!と思っているあなたも深層心理ではそういうことを気にして服を選んでいると思います。もはや本能に近い感覚です。異性に好かれたい、という気持ちが本能からくるものなのと同じで。そして、結局女性受けをとるのか男性受けをとるのかですが、ずばり答えは男性受けと言っていいでしょう。女性は男性に可愛くみられたい!と頑張っているときが1番魅力的です。そして、自分のそんな欲望に忠実にお洒落を楽しむ女性に対して、「あからさまに男受け狙ってて引くわ」と陰口をたたいている女性も、数年後には必ず後悔しています。「あの時、素直になっていれば…」と。そんな後悔をしないためにも、自分の男受けファッションどんどん磨いていきましょう。

人と同じファッションではモテないと

ファッションに気を使っているのにモテない、そうお考えの方も多いでしょう。しかしながら、そうした人の多くが陥っているミスがあります。それは、流行や常識を気にしすぎて自分に合ったファッションをしていない、というミスです。どんなにおしゃれで高い服飾品でも・・・ 続きは →